若い時のコーヒーの楽しみ方と今の楽しみ方の違い

コーヒーが好きで、よくスターバックスやドトールなどへ行きました。

銀座にオープンした日本一号店のスターバックスに行った時は、とてもおしゃれな気分になれて、ドキドキしたものです。なかなか一人では入れず、おしゃれな友達が誘ってくれたので、やっと行く事が出来ました。

今ではすっかりメジャーになった注文方法も、最初は店員さんの説明なしには無理でした。やっとコーヒーを手にしても、席はなかなか空いておらず、ゆっくりとコーヒーを飲むなんて事は出来ませんでした。

当時から凄い人気でしたね。

そう言えば、タンブラーも流行りました。オタクの私は、もちろんあちこちでご当地タンブラーを闇雲に集めていました。今は台所の床下収納にしまってあります。

二個だけ、子供が習い事に行くときの車の中用として使っています。中にはコーヒーでなく、自分で作った日本茶を入れて・・・。

今はすっかり行かなくなりました。田舎に引っ越してお店が遠いのと、お金がもったいないからです。おしゃれな気分を求めなくなりました。これはちょっと悲しいですね。

でもコーヒーは止められないので、毎朝コーヒーメーカーで作ってスターバックスの大きなマグカップで一杯半飲んでいます。

自分で淹れたコーヒーもおいしいものです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る