変わらないコーヒーの味にほっとしたこと

ニュージーランドに留学していたときのことです。

ホームステイ先に最初に訪れた際、「コーヒーと紅茶、どっちがいい?」
と聞かれて、いつもはコーヒー派の私が、珍しく「紅茶」と答えました。
行きの飛行機内でコーヒーばかり飲んでいたためです。

すると、ホストマザーは、私が紅茶しか飲まない人間だと誤解したらしく、
紅茶の置き場をきっちり教えてくれました。コーヒーの場所も一応教えて
はくれたけれど、早口でざっとした説明だったので、言葉を自由に話せな
かったし聞き返すこともしませんでした。

しかし、何日かすると無性にコーヒーが飲みたくて仕方ない。コンビニで、
コーヒー飲料のペットボトルを買いました。甘くておいしいんだけど、本
物が飲みたい、と思うように。友人とマクドナルドに入った時に、「ホッ
トチョコレート」という飲み物を頼み、それが甘過ぎて、甘党の私でも残
してしまうほど。そんな甘すぎる飲み物を口にすればするほど、砂糖なし
の、本物のコーヒーが飲みたいという思いが募りました。

そんなコーヒーを飲むチャンスがやってきたのは、私が帰国する頃。

私が帰ってしまうので、仲間が食事に行こうと誘ってくれました。食事会
の後、本当に仲の良かった数名で、スターバックスに行きました。韓国人
の友人がおごってくれました。そこで、本物のコーヒーにやっと出会えた
のです。本当に感動しました、やっぱりおいしいんです。

日本でスターバックスに行くときは、必ずホイップクリームたっぷりの甘
いコーヒーを頼みます。しかし、その時の私は違いました。甘さなんてい
らなかったのです。

今となって思えば、勇気を出してホストマザーに対して、コーヒーの場所
や入れ方を説明して欲しい、と言えたらこんな思いはしなくて済んだのか
もしれません。でも、小心者で、いつも仕事で忙しくしているホストマザ
ーをつかまえて聞く勇気がありませんでした。

もちろん、帰りの飛行機ではコーヒーを選択しました。だって、留学して
いた一ヶ月近く、コーヒーを飲んだのは、ペットボトルとスターバックス
のその2杯だけでしたから・・・。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る