心を込めていれてくださった一杯のコーヒー

私はもともとコーヒーよりも紅茶が好きでした。ある日仕事で知り合っ
たイタリア人からおいしいコーヒーの飲み方を教えてもらい、そこで初
めて知ったコーヒーの美味しさにすっかりはまってしまい、それからは
コーヒーが大好きになりました。

いろいろな豆を試してみました。でも、もともと凝り性ではなかったの
で、豆等にはこだわらず、挽いてあるものを購入して飲んでいました。
いろいろ試して気がついたのは、スーパーがPBとして販売している豆
が意外と美味しかったということ。有名企業が販売しているものよりも
香りが高かったり、味も濃厚だったりします。これは色々と試してみて
気が付いた収穫でした。

以前勤めていた職場で、上司がとてもめずらしいコーヒーメーカーを持
っていました。昇進のお祝いに友人からプレゼントされたそうなのです
が、なんでもその機械を使ってコーヒーを入れるのはとても手間がかか
るから、ここ2~3年程使っていないとのことでした。

その時は、そのメーカーで入れたコーヒーを一度飲んでみたいです。と
話ついでにお伝えして、その場を去りました。

ある日、上司から連絡があり、居室を訪問すると、コーヒーの香りが部
屋に充満していました。さらに驚いたことに、首にタオルを巻いて額に
汗をかきながら「きれいに掃除してから入れたから、どうぞ」と、言っ
て、そのコーヒーメーカーを使ってコーヒーを用意してくれていたので
す。

普段、身だしなみに気を遣う方が、首にタオルを巻いて汗をかいて、コ
ーヒーを用意してくれた、その姿にとても感動してしまいました。もち
ろん入れてくださったコーヒーの味もそれは格別なものでした。そこで
の勤務は、とても大変なものでしたが、この時の出来事がずっと心の支
えになっていたような気がしています。

今は転職してしまいましたが、コーヒーを飲むと、時々その時の記憶が
思い出されます。それから後もいろいろな場面でコーヒーを飲む機会は
ありますが、あの時のように感動しながら飲む機会はそうそうありませ
ん。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る