旅の思い出は、コーヒーのある風景

旅の楽しみは、あてどなく旅先の街を歩いてみることだ。街なんてどこ
も大差ないじゃないか、なんて思うなかれ。ひとつひとつの街に、その
土地の自然環境と、そこに生きている人々の醸し出す雰囲気とがあいま
って、それぞれに味わい深い空気を感じることができる。この空気を感
じるには視覚だけではダメで、今ではインターネットを通して何でも見
られるようにはなったけれど、旅をして得られるものはその比ではない。

街歩きに疲れたら、喫茶店に入ってみる。日本中どこにでもあるチェー
ンは「変わらない」ことが利点で、それはそれでありがたいのだが、旅
に出たときには個人の店が楽しい。メニューをめくりながら、その場所
ならではの甘味を見つけて、一緒に飲むコーヒーのおいしさは何物にも
代えがたい。

個人的な思い出をひとつあげよう。わたしはそのとき、就職の面接で松
江にいた。面接を終え、明らかに失敗したのに、時間的にも帰るに帰れ
ず、宿を取って街に散歩に出た。

松江の街は宍道湖と切り離しては存在しない。宍道湖に流れ込む水路が
街に張りめぐっていて、水の多いきれいな街だった。そんな水路のひと
つをたどるようにして、わたしは湖のほとりにあるその喫茶店にたどり
着いた。

コーヒーを注文し、しばし宍道湖を眺めていた。一定のリズムを刻む波
模様を見ていると心が落ち着いていくのが分かった。やがてコーヒーが
運ばれてきた。間をおかず、空を覆っていた雲が薄くなり、宍道湖に沈
む夕日がまばゆいばかりの姿を薄い雲越しに見せた。今日の日が沈み、
明日の日がまたやってくる。そんな当たり前のことを確信したとき、わ
たしはまた明日から頑張ろうと、柄にもなく素直にそう思った。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る