至福のコーヒータイムは、ブラックコーヒーとチョコレートで

今から約10年前に会社勤めをしていた時に話です。自宅から会社まで
は約1時間。終業時間が18時ということもあり、残業があると帰宅時
間が遅くなってしまって、夕飯の支度をする時間がなくなってしまうの
で、途中で夕飯のおかずを買って変えることがありました。

買い物をする所は、駅ビルの地下の食料品売り場。残業を終えてお腹は
ぺこぺこ、体はヘトヘトな状態で食料品売り場にやっとの思いで歩いて
いると、ぷーんととてもいい香りがしてきたのです。コーヒーの香りで
す。私は思わずクンクンとその香りを追ってしまいました。居てもたっ
てもいられなくなった私は、そのコーヒーを味わいたい一心で足早にコ
ーヒー店に向かいました。

そのコーヒー店は駅ビルに入った通路にあり、周りには囲いがなくスタ
ンドカフェのような感じが、私にはお気に入りでした。椅子に座ってか
らメニューを見るのですが、本日のコーヒーに珍しいコーヒーがあると
それを必ず注文します。私は新しもの好きで、知らないものに出会うと
嬉しくてたまらなくなります。

そして入れたてのコーヒーには必ず一口チョコレートが添えられている
のです。私はその粋な計らいがとてもお洒落に思えてドキドキしたのを
覚えています。コーヒーはブラックで頂いて、時々添えられたチョコレ
ートを頬張る、そんな自分の姿を思うとワンランク上の大人の仲間入り
をしたような気分になって、自然と姿勢がよくなりました。

コーヒーとチョコレートを頂く時間は15分程度。本当にほんの一時で
はありますが、そのコーヒータイムは、私にとっては何ものにも代え難
い貴重なリフレクソロジーでした。久し振りに、あのコーヒーとチョコ
レートを味わいに出掛けてみたいと思っています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る