バリ島で飲んだ、おいしいコーヒー

数年ぶりの海外旅行がバリ島だったのですが、それからはあの島の魅力
にはまり、夫婦で毎年10年近く年に1回のペースで通っていました。

バリといえば『神々が住む島』としてのキャッチが有名ですが、インド
ネシア共和国に属しているので、コーヒーの普及も一般的です。ちょっ
とした屋台や地元の食堂などでも、1杯のコーヒーを出しています。

その淹れ方は、日本とは一風違い、濾過はしません。きめ細かくフワフ
ワに粉砕したコーヒー豆を、カップに入れて直接熱湯を注ぎます。そし
て、そのうわずみを飲むのです。

とはいえ、南国特有の「甘さ」を求める傾向がバリ島にもあるため、コ
ーヒーの粉の量の5倍くらいのコンデンスミルクを、島の人たちは入れ
て飲みます。その実体は、脳天を突き抜けるほどの甘ったるいミルクコ
ーヒーなのですが、現地で飲むと、なぜかそれが美味しく感じてしまう
のです。

もちろん、ホットコーヒーだけではなく、アイスコーヒーもあります。
淹れ方はホットコーヒーとまったく同じで、コーヒー豆が一旦下に沈ん
だら大量の氷を入れるだけという、かなり大らかなものです。

アイスコーヒーは、ホットコーヒーよりも、飲む時に少々コツが必要。

現地ではストローを使う習慣があまり無いので、そのままグラスに口を
つけて飲むのですが、氷に挟まれたり乗っかっていたりするコーヒーの
粉を、うっかり口に入れてしまうからです。別に飲み込んでもまったく
問題はありませんが、喉越しがよくありません。

そんな感じで、コーヒーというと、あの苦くて甘いバリコーヒーを思い
出しますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る