好きな人に初めて貰った缶コーヒー

あれはまだ私が16歳、高校一年生の時の事です。初めてのアルバイト
で、違う学校に通う2つ上の男の子を好きになりました。彼は優しくて
楽しく、誰からも好かれている、そんな先輩でした。

ある日、バイトが終わった私は、バイト先の前のベンチに座っていまし
た。しばらくすると、彼が従業員出入口から出てきました。実は私は彼
もその時間で終わりなのを知っていたのです。私に気付くといつもの笑
顔で「お疲れ様~」と声をかけてくれます。私も笑顔で「お疲れ様です」
と返すと、少しの会話がかわせます。今日の仕事はどうだったとか、学
校でこんな事があったのだとか。

それがただ嬉しくて楽しくて。そんなささやかな時間が幸せでした。寒
かったある日、彼が私に缶コーヒーを買ってくれました。温かい、初め
てのプレゼントなんて大袈裟だけど、嬉しすぎて勿体無くて飲む事はで
きず。大切に持って帰ったのでした。

ある時、私は体調を崩し、1ヶ月以上もバイトを休む事になりました。

やっとの事で回復し、久々に彼に会えるとウキウキ気分でバイト先に向
かう私。すると衝撃の事実が!彼に彼女が出来ていたのです。それも同
じバイト先で、彼と同い年の女の子。彼女とも仲のいい私は、かなりの
ショックでした。

後日、彼女からさらに衝撃の告白をされました。私と仲がいいのを知っ
ていたので、私には別に好きな人がいるという噂を流したのだと。なぜ
わざわざそれを私に報告したのかは不明。さらに後日、彼に実は君の事
が好きだったが、好きな人がいると聞いて諦めたのだと聞かされました。

この話を聞いて、すべてがバカバカしくなっちゃいました。噂を流した
彼女も、それを聞いて私に確認もせずあっさり他の子と付き合う彼も。

あ~、アホらしい。勝手にやってとこの時初めて彼に貰ったコーヒーを
飲み干してやりました。コーヒーの味は思い出せないけど、美味しいと
感じた記憶がない若かりし頃の思い出です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る