アイスコーヒーは急冷が命?

アイスコーヒーは当然ながら抽出した熱いコーヒーを冷やしたものを言
いますが、意外と冷やす工程でコーヒーの味を落としてしまう方が多い
のが現状です。例えば、少し冷ましてから冷蔵庫に入れたり、氷をある
程度入れ、ぬるくなったコーヒーを冷蔵庫に入れたり・・・、氷を沢山
入れて薄くなってしまった、なんて人もいるのではないでしょうか?

ご存知の方も多いでしょうが、抽出したコーヒーを放置して冷ましてし
まうと味が落ちてしまいます。えぐみが出て、香りも飛び、美味しく頂
くことが出来ません。ですから、これらの味の劣化が起きる前に冷やす
のがポイントになります。冷やす、といっても、単純に氷を入れればい
いというわけではありません。熱いコーヒーにただ氷を入れて溶かせば、
薄いコーヒーになりますから、ここでは3つの方法をご紹介します。

1.さっと氷を通す。

コーヒーに氷を入れ、すぐさま撹拌したところで氷を出す方法です。少
し面倒ですが、味が薄くなるのを防いでくれます。使用する氷は、冷凍
庫で作った氷で構いませんが、溶けにくいようカチカチに凍った氷がベ
ストです。作ってからさほど経っていないような柔らかい氷は、溶け易
い分よく冷えないので注意。そして撹拌時は、円を描くように混ぜるの
ではなく、縦に切るように混ぜてください。すると素早く混ざり、急冷
することが出来ます。

2.容器ごと氷で冷やす。

小さいボウルと大きいボウル2つを用意し、大きいボウルに氷を張り、
小さいボウルにコーヒーをいれます。氷のボウルの上にコーヒーのボウ
ルを置き、コーヒーを撹拌することで冷やします。料理などでよく使わ
れる手法ですね。少し多めのコーヒーでも冷やせますが、氷が沢山必要
なので注意してください。

3.濃い目に抽出し、氷に注ぐ。

この方法が1番お手軽な方法です。普段よりも濃く抽出し、直接氷の入
ったグラスに注ぎます。そしてある程度撹拌するだけです。

さて、3つの方法を書きましたが、ご参考になりましたでしょうか?冷
やし方1つで、アイスコーヒーの美味しさも変わります。皆さんも、ご
自宅等でアイスコーヒーを作られる場合は「急冷」の仕方に気をつけて
みてください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る