アイスコーヒーの苦みと美味しさの秘密

キリッと苦味のあるアイスコーヒーを渇いた喉に流し込む。堪らない瞬
間ですよね!苦味が口の中をリフレッシュし、涼やかな気持ちにさせて
くれるアイスコーヒーですが、何故アイスコーヒーはどれも深煎りなの
か、考えたことはあるでしょうか?

実は濃く苦くなければならない理由があるんです。

人間がもつ5つの味覚の中で、涼しさを感じることができるのは苦味で
あり、この5つの味覚が最も効果的に表れるのは、実は飲食物が体温と
近しい温度のとき。この理屈でいうと、苦味を強く感じることで涼感を
得られる、というわけですが、当然ながらアイスコーヒーは冷たい飲み
物であり、ホットコーヒーと比べると効果的に苦味を感じることが出来
ません。その鈍さを補うために深煎りにして濃く抽出する必要があった
というわけです。

さて、アイスコーヒーが深煎りの訳を知ると、必然とアイスコーヒーに
向く豆が解ってきます。アイスコーヒーは苦味もさることながら、フレ
ーバーを楽しむ飲み物ですから、深煎りで抽出したとき上質なフレーバ
ーが出るものをチョイスしましょう。

お勧めの品種は「ロブスタ種」と「アラビカ種」。ロブスタ種は安価で
少量の豆でも十分な抽出が出来るため、深煎りにはうってつけです。た
だし、ストレートで飲もうとすると、特有の土臭さと、強烈な苦味がキ
ツく、美味しく飲むことは出来ないので注意。

二割程度を他の品種に加え、配合しましょう。配合相手はスタンダード
にアラビカ種がお勧め。デリケートな品種として有名ですが、香り高く、
苦味も抑え目でロブスタ種との相性はバッチリです。焙煎することで、
アラビカ種の持つ酸味も和らぐので、バランスの取れたコーヒーが抽出
されます。是非、お試し下さい。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る