飾りじゃない!?ドリッパーの溝の大切な役割

ペーパーフィルター用のドリッパーをよく見ると、内側に凹凸があるこ
とに気づきます。何のためにあるのかなぁと、不思議に思ったことはあ
りませんか?(私はあります)

この凹凸を「リブ」と呼びます。

一見、汚れが落ちにくくなりそうで邪魔なリブですが、これがあること
でペーパーフィルターとドリッパーが密着しなくなります。そしてこれ
が大切。

フィルターに入れたコーヒーの粉に上からお湯を注ぐと、粉の間にある
空気は出口を求めて移動します。このときに、フィルターとドリッパー
との間にある空気の溝を使って、移動してきた空気も抜けていくのです。

では、なぜそれが大切なのでしょうか。

リブがなく、フィルターとドリッパーがくっついてしまっていると、押
された空気の出口はドリッパー下部にある穴だけになります。そして、
ここで抜けきれなかった場合、下もダメ、横もダメとなった空気は上へ
抜けていくことになります。

せっかく蒸らしている粉を破り、ふわりと膨らんだ粉の山を噴火させて
空気が抜けていくことで、膨らんでいた濾過層はしぼんでしまいます。
これがいけません。

粉を平均的に蒸らし、その後の抽出を安定させるためには、この噴火を
防がなければなりません。リブはそのために存在しているのです。飾り
でも邪魔者でもなかったんですね。

また、密着させないことで、抽出後のペーパーフィルターを取りやすく
もしているという「オマケ」の効果もあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る