器具が違えば味も変わる、コーヒーの抽出あれこれ

手軽に使えるペーパーフィルター、缶コーヒーのCMにも出てくるネル
ドリップ、見た目も楽しいサイフォン、コーヒーの淹れ方にもいろいろ
とありますが、この3種の長所・短所と味の違いを簡単に比較。

まずペーパーフィルター。
これには、フィルターの目の詰まり具合の違いで「ヨーロピアンタイプ」
「レギュラータイプ」の2つがあります。ヨーロピアンはあまり目が詰
まっていないもので、新鮮なコーヒー豆に向いています。

自家焙煎した豆などは、お湯を注いだときにふんわりと盛り上がってき
ます。これはお湯の保持力が高いためです。こういう豆にはヨーロピア
ンタイプを使い、抽出オーバーになるのを防ぎます。

レギュラータイプは目が詰まり気味のフィルターで、少し鮮度の落ちた
豆や浅煎りの豆を使うときにいいでしょう。お湯の通過速度がゆっくり
なので、豆が一定時間お湯に浸かることになり、味や香りがうまく出る
のです。

ネルドリップは、紙ではなくネル(=フランネル)という布で作られた
フィルターを使う方式です。フィルターの取扱いに多少の注意が必要で
すが、コーヒーの濃度を調節しやすい方法。

サイフォンもガラス器具の取扱いや、布フィルターの保管には注意を払
わなければいけません。また、高温での抽出が多くなるため、抽出オー
バーになりがちですが、初心者でも安定した味を出すことができます。

ペーパーフィルターは豆の持ち味を素直に出し、ネルは最も舌ざわりが
なめらかに、サイフォンはやや平板ながら香り高いコーヒーを淹れるこ
とができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る