ドリッパーの素材、その善し悪しと注意点

ペーパーフィルター用のドリッパーには、陶器製・プラスチック製・
金属製があります。多く出回っているのは陶器製とプラスチック製で
しょうか。

陶器製のものは、ある程度の重さがあることで置いたときに安定します。
また、使う前に熱湯で温めることでその後に注ぐお湯の温度を保ち、粉
の蒸らし効果をよくしてくれる効果も。

ただし、内側のリブの高さや形には注意が必要。リブの高さは十分ある
こと、リブが鋭角的にきっちりと立ち上がっていること、この2点を確
かめてから買うようにしましょう。

次にプラスチック製ですが、これは値段が安く、軽くて使いやすいもの
になっています。最近では色のバリエーションもあってなかなか楽しい
ですね。

リブの形もきれいに作られていますが、高温で使い続けるうちに変形し
たり変質したりしていくことがあります。また、陶器製よりも保温が悪
いため、蒸らしの安定性もいまひとつ。

また、コーヒーの渋が落ちにくいという欠点もあり、何度も洗っていく
と傷だらけになってしまいます。

最後に金属製ですが、これは銅製・ステンレス製・表面を真鍮でメッキ
したものなどがあります。見た目の雰囲気も割と良く、割れたり変形し
たりする心配はありませんが、陶器製に比べてお湯の保持力がないため、
十分な蒸らしができないのは残念なところです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る