今話題のコンビニドーナツの特徴を比較

2015年2月25日、富士経済は2014年10月~12月にかけて調査した、パンの国内市場におけるチャネル別調査結果を発表しました。この中で同社は「ベーカリースイーツ」が注目市場であると紹介しています。ベーカリースイーツとは賞味期限が3日から4日程度で、日配パン棚に陳列されるドーナツやホットケーキ、パンケーキ、スイスロールなどの商品を言います。

この発表によると、朝食向けとしてブラウニーやマフィンといった洋菓子のニーズが高まっている中で、洋菓子よりもボリュームがあり価格的に値ごろ感もあるベーカリースイーツは、消費者の支持を受けて市場が拡大しているとのことです。これを受けて2014年のベーカリースイーツの各メーカー出荷額は、前年と比べて4.2%増加して745億円と見込まれています。

このように注目されているベーカリースイーツの中でも特に最近ホットな商品はドーナツ。山崎製パンが菓子パンの棚の中に散在していた各種ドーナツを「ドーナツステーション」と名前をつけて陳列したこともあって、ベーカリースイーツ市場は2013年に拡大しました。また、最近のコンビニではドーナツをカウンターケースで販売する店舗が増えており、好調を維持しているコンビニコーヒーと一緒に購入する消費者も増えています。

セブンイレブンは2014年10月末から関西地区の店舗で、レジカウンターでのドーナツ販売を行う「セブンカフェドーナツ」を順次登場させて先駆けとなりました。1個100円からという手に取りやすいリーズナブルな価格設定もあり、多くの消費者から支持されています。セブンイレブンでは2015年8月末までに全国へ展開。

他のコンビニも同様に商品の充実化を行っています。

ローソンでは「サクサク」と「しっとり」の新食感を楽しめる「クロワッサンドーナツ」(税込価格124円)を2014年5月から販売開始しました。甘さを控えめにした生地を48層にも織り込んで、焼かずに揚げる調理方法によって新食感を実現した商品。さらに提供の際には食感を維持するために、湿気がこもりにくい紙製の包装を使用しています。

サークルKサンクスでは人気のクロナッツを2014年2月から商品化しています。これはクロワッサン生地の上にいちごチョコやミルクチョコをコーティングしたもので、「キュービックドーナツ」(税込120円)として販売し、「淹れたてコーヒー」との相性も良く支持されています。

さらにミニストップでも、もっちりとした食感でおいしい「クロナッツ」を販売しています。

今回紹介したドーナツはごく一部の商品でしかなく、各コンビニの店頭では次々と新商品が登場しています。これらのコンビニドーナツの人気が継続していけば、コンビニコーヒーやコンビニスイーツと同様の定番商品になるかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る