機内であの大人気コーヒーが楽しめる!デルタ航空でスタバコーヒーの提供始まる!

あなたが海外旅行をしようと思った時、何を基準に航空会社を選択しますか?

運賃の安さや安全性なども大変重要ですが、そこに「機内食の充実」を挙げる人もいるでしょう。

各航空会社が工夫を凝らした機内食メニューは旅行の楽しみのひとつでもあります。

そして、もしも食後にスターバックスのコーヒーが飲めたら最高なのに・・・と思ったことはありませんか?

それを実現した航空会社があるのです。

● 米デルタ航空の機内でスターバックスが楽しめる

2015年2月1日から米デルタ航空が機内でのスターバックスコーヒーの提供を始めました。

コーヒーは2種類、「パイク・プレイス・ロースト」と「ビア・レディ・ブリュー・イタリアン・ロースト」から選べます。

ディカフェ(カフェイン抜き)も選択できるということですから、飲んだ後に眠りたいという時にも安心です。

コーヒーは1日に約5,000杯提供されるとのこと。

CAさんがコーヒーをサーブしている間、機内はよい香りに包まれそうですね。

●アメリカ国内便でのサービスが好評だった

当初、スターバックスコーヒーの提供は国内便だけのサービスでした。

2013年にロサンゼルスとサンフランシスコのシャトル便での提供が始まりました。

国内便でのサービスが評判だったため、国内・国際全運行便とデルタ・コネクションでの提供が決まったそうです。

スターバックスを愛するアメリカの人々にとっては嬉しいニュースだったことでしょう。

日本でも大人気のスターバックスです。

今まではCAさんが海外の方だと緊張するからという理由でJALやANAを選んでいた人も、これを理由にデルタ航空も選択肢に加えたくなるかもしれません。

スターバックスコーヒーが提供されるのは、現段階でアメリカの大手航空会社の中ではデルタ航空だけだけとのことです。

もしもこのサービスがさらに好評を得たら、他社や日本の航空会社のコーヒーも、より美味しいものに切り替わってゆくかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る