渋谷に上陸した「ゴリラコーヒー」って?味もコンセプトもインパクト強しです

ゴリラコーヒー。

そのネーミングからすでに強いインパクトを感じるコーヒー店が、ニューヨークはブルックリンから日本にやってきました。

ロゴは赤と黒を基調とし、中央にゴリラが構えているデザインで、カップはもちろん、店舗の内装も同様の色使いで統一されています。

スタイリッシュな「クチューム」や「ブルーボトルコーヒー」とは一線を画す、スパイシーでエネルギッシュなイメージです。

そもそもゴリラとコーヒー、一見関係がないようですが、オーナーのキャロル氏曰く「力強いコーヒーということを解りやすく伝えるため」にそう名付けたとか。

その味わいは、どうやら酸味強めの個性的なテイストのようですが、「NYで飲めるおいしいコーヒーベスト5」にランクインするほど人々の心を掴む味だそう。

日本第一号店となった渋谷の同店舗でも、評判は上々のようです。

ドリンクはドリップコーヒーやカフェラテはもちろん、「レッドアイ」というドリップコーヒーにエスプレッソを加えた他にはないメニューがあるのもまた特徴です。

コールドドリンクでは、バナナとチョコレート、ダークチェリー&ヨーグルトのシェイクなど、聞くだけでその濃厚さが伝わります。

フードメニューも充実しており、「ゴリラ」らしくカットバナナがたくさん盛られたバナナチーズケーキ、サーロインステーキをフォカッチャでサンドした「ステーキサンド」、太めのソーセージにフライドオニオンやザワークラウトをたっぷり盛った「ゴリラドッグ」など。

見た目のボリュームはもちろん、味も期待できそうです。

豆はオーナー自ら世界のコーヒー生産国に直接仕入れるというこだわりぶりで、「DEAN & DELUCA」や「Whole Foods Market」というグルメスーパーでも扱われており、その品質の高さが伺えます。

見た目や盛りつけのインパクトだけではなく、味へのこだわりなどコンセプトにも力強い信念を感じる「ゴリラコーヒー」

ニューヨーカーを魅了したその味を、ぜひ渋谷で体験してみたいものです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る