あなたの料理の印象を決めてしまうかもしれない、食後の一杯

食後のコーヒーは、私たちが人に料理を振る舞うときには、とても大切
なものです。

フランス料理では、メインディッシュよりも、最後に出されるデザート
やコーヒーの印象が強い、という話も聞きます。どんなに立派なレスト
ランでも、最後のコーヒーの評価が、そのまま店の印象に反映されてし
まうこともあるのです。

それでは、私たちが食後のコーヒーを淹れる場合には、いったいどんな
種類の豆を選べばよいのでしょうか。最初は豆の産地や種類、ブレンド
内容に気が向いてしまいますが、それよりももっと大事なのは、豆の焙
煎度合いです。

西洋料理に出す場合は、なるべく苦みの強い深煎りコーヒーを選ぶとい
いでしょう。料理にバターや油を多用していますので、食後の口をさっ
ぱりさせるためにも、ある程度強めの濃度と味が必要になってくるので
す。

また、小さなデミタスカップで、少量を提供するのも大切です。

食事の後だとお腹がいっぱいになっているかもしれないので、無理なく
残さず飲めることが大事です。お代わりの欲しい人には、改めてリクエ
ストを伺えばよいのです。

最近では、和食にも食後のコーヒーを提供する事があるそうですが、和
食の場合は、洋食よりも油の少ない、さっぱりした味付けの料理が多い
もの。コーヒーもそれに合わせて、中煎りから中深煎り程度の、薄めの
味を選ぶといいでしょう。

いずれも、焙煎度合いを優先して試飲し、そこからお好みで豆を選んで
ゆけば、料理もコーヒーも美味しく楽しめるはずです。ぜひ参考にして
みてください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る