日本人がおいしいと感じるコーヒーの濃度

 

おいしいと感じるコーヒーの濃度は人それぞれで違いますが、国によっ
ても違います。ヨーロッパ、とくにドイツ語圏や北欧では濃いコーヒー
が好まれるのに対し、日本では薄めのコーヒーが好まれます。

これは日本人の好みが、緑茶の濃度が基本になっているせいなのかもし
れません。一昔前に流行したアメリカンコーヒーはまさに特徴的なもの
であり、日本人が最もおいしいと感じるコーヒーの濃度なのかもしれま
せん。

これでは、本来コーヒーが持つおいしさを表現するには濃度不足であり、
おいしいと思えるコーヒーの味が希薄になってしまい、当時その他の飲
料の方に人々の興味は流れてしまいました。

この動きはアメリカでも起こりましたが、最近ではヨーロッパを訪れる
人も増えた為、コーヒーの独自性を尊重したヨーロッパ的な濃いめのコ
ーヒーも普及してきています。

ですが、コーヒー本来の濃度は日本人が緑茶を飲んできた事と同様に、
古くからヨーロッパの家庭で飲む習慣が積み重なってできたものなので、
日本人の味の好みに合わないのも仕方無いのかもしれません。

日本人の好みに合わせたおいしいコーヒーは薄めのコーヒーですが、お
湯の注ぎ方、注ぐ早さ、コーヒー粉の量など注意が必要です。コーヒー
の楽しみ方はその国々で違い、独自の発展をしていると言えるかもしれ
ません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る