淹れたてのコーヒーのおいしさを持続させる方法

インスタントでもドリップでも、淹れたコーヒーは時間の経過とともに
味が変わるように感じられます。寒い時期、淹れたての熱々はおいしい
けど、冷めるとおいしくないと感じられる方も多いでしょう。この変化
には3つの原因が考えられます。

1つ目は、人の感じ方です。人の味覚は温度によって味の感じ方が変わ
ります。同じものを食べてもその温度によってすっぱい、苦い、甘いと
いった感覚が変わるのです。

苦みや甘みは冷たいと感じにくくなります。ホットコーヒーは苦くて飲
めないけど、アイスコーヒーなら飲めるという方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。あるいはココアを飲むとき、アイスよりホットの方が
甘いような気がしませんか?

反対に酸味は、冷たい方がよりすっぱく感じられます。こういった人の
味覚によって実際以上に味が違うように感じる場合があります。

2つ目の原因として成分の変化が挙げられます。コーヒーは実際に、ど
んどん変化する飲み物です。熱々の状態だと変化が進みやすいので、た
しかに味が変わっているのです。

3つ目は酸素です。コーヒーに限らず酸化することで物質が変化するこ
とは広く知られています。食品が酸化すると味が変わりますよね。

酸素に触れないように、水筒いっぱいにコーヒーを入れて保存すれば大
丈夫、と考える人もいらっしゃるでしょう。ですが、コーヒーにはもと
もと酸素が含まれています。そのため時間の経過による酸化はやむを得
ないのです。

淹れたてのおいしさを長持ちさせるにはどうしたらよいのでしょうか?

残念ながら、これに対する決定的な答えというのはないようです。強い
て言えば、淹れたコーヒーをそのまま置いておくよりは、淹れたら急速
に冷やして飲むときに温める、という方が効果的です。

ただし温める際には、均一に熱を加えて短時間で、しかも加熱しすぎな
いよう気を付けなければなりません。これは電子レンジでもコンロでも
難しい方法です。

どちらかというと、時間の経ったコーヒーはアイスコーヒーとして楽し
む方がよいでしょう。ホットが飲みたい場合には、その都度淹れたてを
味わう、それがいちばんおいしい飲み方です。

コーヒーは変化する飲み物です。そのことを否定的にとらえるのではな
く、そうとして楽しみたいものです。おいしいコーヒーは冷めてもおい
しいのですから。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る