挽きたてのコーヒー豆は何よりの贅沢

コーヒーが好きな人であれば、コーヒーを豆で買うか粉で買うか、きっ
と迷われることでしょう。どちらがおいしいかと問われれば、もちろん
豆です。自宅にミルがあって少量ずつ挽けるのが理想ですが、なくても
買ったお店で挽いてもらうことができます。

豆の難点は手間がかかることです。ですが選択の余地があるのであれば、
わずらわしさよりも挽きたての味と香りを優先していただきたいところ。

コーヒーが豆で買えることをご存じなかった方もいらっしゃると思いま
す。スーパーでも扱っていますので、ぜひ売り場をのぞいてみてくださ
い。コーヒー豆売り場の横に自動で挽けるミルが設置されているはずで、
コーヒーショップや専門店でなら、買ったその場で挽いてもらえます。

ただし、せっかく挽いてもらった粉もすぐに使いきらなければもったい
ないものです。挽いたばかりの粉と、時間の経った粉を飲み比べてくだ
さい。時間の経過によって失うものの多さに気づくはずです。

しかしながら残念なことに、豆よりも粉で買う人の方が多いのが現状の
ようで、出回っている商品も粉の方が豊富です。

もちろん粉が悪いわけではありません。カップに置いてお湯をそそげば
一杯分ができ上がるドリップコーヒーはとても手軽です。インスタント
コーヒーにはない個性豊かな風味が、くつろぎのひと時やすっきりした
目覚めを手助けしてくれます。

それでもやはり豆の挽きたてにはかないません。焙煎豆に含まれる二酸
化炭素は、粉にした時点で最大70%も失われます。残った30%にし
ても、豆より粉の方が圧倒的に早く失われます。

二酸化炭素はコーヒーの劣化を防ぐ働きをします。粉にするとその効果
が短時間でなくなってしまううえに、二酸化炭素が放出されるときに一
緒に香りの成分も出て行ってしまいます。

もし豆で買えることを知らずにドリップコーヒーを楽しんでいたのなら、
一度豆で買ってみることをおすすめします。きっとその鮮烈な香りに感
動を覚えることでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る