ミネラルウォーターでコーヒーを淹れると・・・

コーヒーの味にこだわる人のなかには、水道水でなくミネラルウォータ
ーで淹れるという人がいます。ミネラルウォーターで淹れると、味がま
ろやかになるそうです。本当にそのような違いがあるのでしょうか。

ミネラルウォーターをよく買われる人であれば、pH値を気にされるで
しょう。pHは「ピーエッチ」と読みます。あるいはドイツ語読みの、
「ペーハー」で覚えられている方も多いかもしれません。

pHとは水素イオン指数のことです。0から14までの数値によって、
その液体が酸性か中性かアルカリ性かを表します。水温が25度のとき
には7が中性になります。それより数値が大きくなるほどアルカリ性が
強くなり、反対に数値が小さいほど酸性になります。

日本の水道水は中性です。外国原産のミネラルウォーターのなかにはp
H8を超えるものもあります。このアルカリ性のミネラルウォーターで
淹れるとコーヒーはおいしくなると言われることが多いようです。

コーヒーは、pH5から6程度の低酸性飲料です。pH7を超えるアル
カリ性の水でコーヒーを淹れると、pHが上がって酸味が弱くなります。
普段飲んでいるコーヒーの酸味が強いと気になっている方はぜひ試して
みてください。

反対に、普段飲んでいるコーヒーに満足している人がミネラルウォータ
ーを使うと、味がぼやけたと感じるようです。一概に「ミネラルウォー
ターで淹れたコーヒーはおいしい」というわけではないことに注意しま
しょう。水のpHはあくまでも酸味の強さが調整できるものと覚えてお
いてください。

個人的には、コーヒーの味はお茶ほど水によって左右されないと感じて
います。水道水でも充分おいしいコーヒーは淹れられるということです。

こだわるのであれば、水道水をミネラルウォーターに替えるより、コー
ヒー豆を替えてみてはいかがでしょうか。また、ドリップの仕方によっ
ても味は変わります。焙煎度合によって適温が多少異なりますし、お湯
を少しずつそそぐか大量にそそぐかによっても違いが生まれます。

いろいろ試してみてお好みの淹れ方を見つけてほしいと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る