コーヒーに甘みを感じるのは日本人特有の感覚

コーヒーを飲んで甘いと感じられたことはありませんか? もちろんミ
ルクや砂糖を加えずにストレートで飲んだ場合です。果物をかじったと
きのはっきりした甘みとは違う、ほのかに広がる甘みです。

リンゴやミカンと同じように、コーヒー豆も完熟すると糖分を多く含み
ます。そのため、完熟豆で作ったコーヒーは甘いといった誤解が広く出
回っています。消費国だけでなく産地でもそう言われているようです。

完熟豆に含まれる糖分はショ糖です。ショ糖は砂糖の主成分です。ショ
糖という名前は有名ではないかもしれませんが、わたしたちにとっても
っとも身近な糖分と言えるでしょう。これが含まれるということは、も
ちろん甘いはずです。ただし、それは果実をそのまま食べた場合。

焙煎するとこのショ糖は変化して、コーヒーの色や香り、酸味のもとに
なります。そのまま甘い味として残るわけではありません。

舌に感じる甘みではないとしても、ショ糖が多く含まれていると、それ
だけ焙煎時の色づきがよく、香りと酸味の豊かなコーヒーができます。
また甘いカラメル香になりますので、それが甘い風味として感じられる
のかもしれません。

では、コーヒーを飲んだときに舌に感じる甘みはどこからくるものなの
でしょうか?

この問いの答えをずっと探しているものの、なかなか答えにたどりつく
気配はありません。日本ではあまりコーヒーの研究が盛んではありませ
んが、世界では毎月数十本の論文が発表されています。

海外の文献をいろいろと調べてみた結果、そこでわかったのは、「コー
ヒーは甘い」という認識がほとんどないようだ、ということです。

苦みや酸味、香りなどに関する研究例はたくさんあります。ですが、甘
みに関する研究は見当たりません。なぜなのでしょう。

ひょっとすると、国や文化によって甘みの感じ方に差があるのかもしれ
ませんね。コーヒーを飲んだときに苦みや酸味以外にそこはかとない甘
みを認識できるのは、日本人ならではと言えるのかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る