コーヒーは昔ながらの品種の方がおいしい?

このところ、コーヒーも品種で語られる機会が増えてきたように感じま
す。特にティピカやブルボンなど、古くからコーヒーの原種に近い品種
として名を知られている、伝統的な品種への評価の高さが目立ちます。

コーヒーに対して、多くの人が関心を寄せ、強いこだわりが持たれるよ
うになったこと、それによって、コーヒーについてより多くの情報が提
供されるようになったことはたいへん素晴らしいことだと思います。

しかしそれが極端な品種信仰につながりがちなのは、コーヒーに関わる
人達としては気がかりなところ。

世界中のいろいろな産地に足を運んで、コーヒーの品質確認しているプ
ロは、世界のコーヒーの良し悪しを知っているばかりか、日本にいて、
世界中の産地から発送されたコーヒーを受け取り、そのコーヒーの品質
評価をすることもあります。

そのいずれの経験からも、品種とはコーヒーの品質の一要素にすぎない
ということ。

例えば土壌、標高などの地理的条件、降水量、気温などの気象条件は品
質に大きな影響を与えます。収穫後の精選工程での技術レベルの良し悪
しも重要。

これらの影響を無視して、まるで品種が味のすべてを支配しているかの
ように語るのは誤りだと言わざるを得ません。

では仮にすべての条件が同じならどうでしょう?

コーヒーが生産された土壌や標高、降水量、気温、ほかの気象条件、精
選の技術なども…すべてが同じコーヒー同士を比べたときは、やはり昔
ながらの伝統的な品種がおいしいのでしょうか?

その答えは、一律にティピカやブルボンであるとは限りません。

それぞれのコーヒーの品種には適性があります。おいしいコーヒーをつ
くるためには、その土地に合った品種を選ぶことが重要になります。

「伝統的な品種はおいしい、改良品種はだめ」とか、一概に言えるもの
ではありません。おいしくないティピカも、おいしいハイブリッドも、
世界にはいくらでもあります。

せっかくのコーヒーが、品種の名前や、改良品種かどうかだけで判断さ
れるのは、非常にもったいないことだと思いませんか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る