焙煎過程でおきる奇跡?コーヒーの香りの秘密

スターバックスやタリーズコーヒーに立ち寄ると、店員さんの笑顔とともに溢れるコーヒーの香りが出迎えてくれます。

味もさることながら、コーヒーはその香りも魅力のひとつです。

コーヒー農園はさぞかしよい香りに包まれているのでは?と思ってしまいますが、意外にも生豆の段階では、味も香りもほとんどないのだとか。

生豆は火でロースト、つまり焙煎することによってあの独特のコーヒー色に変化します。

そして浅煎り、深煎りなど、その焙煎具合によって味わいに違いが出てきますね。

実は、香りはその焙煎によって生成されています。

その過程で起きた化学変化で、なんと800種以上の香りのもととなる「化合物」を生み出しているとか。

「化合物」というと難しく聞こえますが、要するに「水素・炭素・酸素」に化学変化を起こしてできた「水」や「二酸化炭素」などの物質です。

たとえば、水素・炭素・酸素は無臭でも、酢酸(酢)など臭いの強い物質も化学変化でできてしまうんです。

ですから焙煎で火にかけることにより、カラメルやバニラのような香りを生成することも可能なんです。

その他、醤油のような臭いの化合物も生成されているとか。

化合物の中にはとんでもない臭いのものも実は含まれているのかもしれませんね。

そんな多くの化合物のハーモニーが、コーヒーの香りを決め手になっています。

生豆によっても含まれている成分は違いますし、焙煎の具合でも化合物の割合に変化はあるでしょう。

少しでも条件が違うと全く違う味わいになる可能性がある、まさにコーヒーは神秘の飲みものです。

次にコーヒーを飲む機会があったらぜひ、香りをよーく嗅いでみてください。

この中にどんな香りが潜んでいるのか、想像しながら味わうのも楽しいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る