冷えたコーヒーが濁ってしまう原因とは?

コーヒーは温かくても冷やしてもおいしいものです。ところが、冷やし
た時にコーヒーが濁ってしまった経験はないでしょうか。この濁りの原
因はコーヒー豆の製造工程にあるのです。

一般的に豆を挽くとき微粉が出てしまった時、その微粉がコーヒーに混
入し、冷えると濁りが発生します。この微粉が発生しやすいかどうかは
コーヒー豆をどう処理するかによって変わってきます。

収穫されたコーヒー豆は水で洗うか、それともそのまま乾燥させる方法
でまずは処理されます。水で洗った場合には豆の中心部に水分が残って
しまうため、焙煎した際にうまく熱が伝わらなくなってしまいます。

そうすると中心部のシルバースキンと呼ばれる部分がうまく焙煎されず、
白く残ってしまう場合があります。これは炭水化物であり、熱いうちは
透明ですが、冷えると白濁してしまうのです。

これが乾燥式で加工すると中心部までまんべんなく乾燥されるため、中
心に水分が残ることも無く、焙煎したときに中心部までしっかり熱が通
り、シルバースキンも焦げて除去され、濁らないコーヒー豆が出来ます。

また、単純にコーヒーミルの性能が悪くてコーヒー豆の粒子がばらつい
てしまい、微粉が多く出てしまう事もあります。冷えても濁らないコー
ヒーを煎れるには豆の選別だけでは無く、道具を選ぶ事も重要なのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る