ストレートコーヒーとブレンドコーヒーの違いについて

ストレートコーヒーというのは、一種類のコーヒー豆を焙煎し、一銘柄
のコーヒーを作ることです。この方法は、コーヒーの特徴を最大限に引
き出すことができますが、味が偏ってしまうため、できるだけ偏りを抑
え、個性を味わうコーヒーです。

豆の持ち味を最大限引き出すことがストレートコーヒーの醍醐味であり、
一番おいしい瞬間を逃さないよう焙煎度合いに注意する必要があります。

コーヒー愛飲家の方がストレートコーヒーに望むのは、混じりけのない
純粋に豆の特性が引き出された味や香りでしょう。

これに対し、ブレンドコーヒーは、複数の種類の豆を使い、ストレート
コーヒーでは得られない味を楽しめるコーヒーです。お店によってブレ
ンドは異なるため、看板メニューになります。

ブレンドコーヒーは数種類の豆を使うため、ストレートコーヒーよりも
何倍もの手間がかかります。おいしいストレートコーヒーを単純に混ぜ
れば美味しくブレンドされるわけではありません。味がごちゃごちゃに
なって、おいしくないコーヒーになってしまいます。

豆の特徴を生かしたり捨てたりしながら、利用する豆や配合を変えるこ
とでおいしいブレンドコーヒーができあがります。

ストレートコーヒーは高い焙煎技術を要求されますが、ブレンドコーヒ
ーは焙煎技術だけでなく、豆に対する知識や絶妙なバランスを感じられ
る味覚も必要になります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る