同じ豆でも店によって煎り方が違う理由

焙煎度合いは、焙煎する人がコーヒー豆の適性をどのように判断するか
によって決まります。コーヒーの味は、産地や豆本来の味だけでなく、
焙煎度合いによって決まります。

産地銘柄の違いは、全く同じ条件で焙煎して初めてわかる事なのです。
モカの味を現わすには、焙煎度合いも提示しなければ、適切な味の表現
とは言えません。

このため、焙煎する人がA店では浅煎りが適切と判断し、B店では中深
煎りが適切と判断されれば、当然ながら店によって煎り方が異なること
になります。

焙煎者の判断が異なるのはそれぞれの店の味の特徴となるため、豆に適
した焙煎度合いであれば問題はありません。大事なのは、同じ品質が保
てるかということです。

やさしくすっきりとした味が人気のA店ではモカを浅煎りで粗挽きにし、
通常より多い粉を使い、ネルだてしています。

こくのあるコーヒーが人気のB店では、モカを深煎りで中挽きにし、ネ
ルだてしています。

お店で提供される商品は、焙煎されただけの豆ではなく、焙煎から抽出
までの過程を経たコーヒーという飲み物が商品となります。この場合、
焙煎は一過程にすぎません。お店の方針として、お客様にどのようなコ
ーヒーを提供したいかによって焙煎度合いが変わってくることもありま
す。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る