美味しい自家製焙煎のコーヒーを飲んでみたい!!

焙煎はコーヒーの奥深さ故に、複雑で難しいと思われがちです。また事
実、そういう面もあります。しかしコーヒーに一度でも興味を持ったな
ら、自分で焙煎する喜びを知ることはコーヒーの世界の扉を自らの手で
開くようなもの。

自家焙煎のメリットは、コーヒーの生豆の選び方を覚えるとで安価で簡
単に美味しいコーヒーを作れることにあります。もちろん最初は味がバ
ラついたり、たまには失敗もあるかもしれません。

しかし自分の手で作る満足感や、コーヒーの魅力を新しく発見すること
など、その経験や喜びを重ねることで、必ず美味しい自分だけのコーヒ
ーにたどり着けるはず。

焙煎は焙煎機は必ずしも必要ではありません。家庭に身近にあるもので
代用は可能。たとえば有名な手網焙煎やフライパン、雪平鍋やオーブン
トースターなど様々なもので代用可能です。また焙煎だけでなく、手持
ちのコーヒー豆をフライパンで煎ると飲みやすくなることがあります。

手網焙煎に限らず、焙煎機の代用品での焙煎はいくつか注意点がありま
す。それは煎りムラが出ないように絶えず前後左右にゆすることです。
またコーヒー豆になるべく炎をあてないようにしてください。

最もおすすめな焙煎方法は素揚げで、200度ぐらいに熱した油に生豆
を入れると、数分間でからりと揚がります。ペーパードリップで淹れる
と油はペーパーを通りぬけられないので、舌に油を感じることはありま
せん。(油で揚げる時に、油ハネには気をつけてください)

家庭用電気式焙煎機は年々性能が良くなってきたようですが、日本仕様
より海外の製品の方が選択肢は多いようです。しかし海外の製品は日本
の電気製品より高い電圧を要求するため、日本でそのまま使うと熱量不
足で思ったような焙煎ができないことがあります。

電圧不足は昇圧器で解決できますが、持っていない人には余計な出費に
なります。また送料や関税の問題もありますので、焙煎機の購入は慎重
に検討して自分に合ったものを購入すると良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る