コーヒーを保温しておく時に気をつけたい事

コーヒーを飲むときに一杯分だけを淹れるのはあまり無く、多めに淹れ
て保温しておく事が多いかもしれません。しかし、その方法によっては
コーヒーの風味が劣化してしまう事もあります。

一般的にコーヒーは煎りたて、挽きたて、抽出したての3たてが重要だ
といわれていますが、保温する必要がある場合にはまず直接加熱せず湯
煎しておく事をお奨めします。

コーヒーを抽出したデカンタごとお湯に入れ、間接的に温める事で、コ
ーヒーが煮詰まって風味が飛んでしまう事を防げるからです。ただし、
これでも少なからず劣化は進んでしまいます。

目安の保温時間としては15分を心がけてください。最近ではコーヒー
メーカーの説明書にも書かれていますが、15分以上保温すると味が変
化してしまいます。

これは、コーヒーは抽出後に余計な熱がかかると味の劣化が進み、その
際香気成分も一緒に空気中に放出してしまい、失われてしまうという特
性があるからです。

コーヒーを適切な状態で飲む為には、淹れたら時間をおかず飲む事が最
適ですが、保温しておく場合でも正しい方法を行えば、淹れたてに近い
コーヒーを飲む事ができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る