コーヒーメーカーで淹れると濃くなっちゃう?

コーヒーメーカーを使った際に、ドリップで淹れたときよりも濃くなる、
苦くなるという経験をしたことはありませんか?お気に入りの豆だし、
使う量も合っているのに、思ったような味にならないと、がっかりする
もの。

この原因のひとつには、抽出するときの温度があります。コーヒーメー
カーは続けて使うと機械の温度が上がってしまい、そのせいでお湯の温
度も設定値より高くなってしまう傾向にあります。

このために、2回、3回と淹れていくうちに苦いコーヒーになっていく
ようです。

どうしても連続で使用しなければならないときには、コーヒーの粉の量
を加減しましょう。2割ぐらい減らしてみて、好みのものができるか試
してみるといいでしょう。

こうした症状は5人用以上の大型のコーヒーメーカーに見られますが、
多く必要なので連続使用するのでしょうし、小型のものも抽出が安定し
ませんのでこの場合はおすすめできません。

また、そもそもコーヒーメーカーはドリップに比べると抽出時間がかか
りますので、濃く出る傾向があり、苦味や酸味が強くなります。使う豆
の量や挽き方、品種や焙煎の状態などを変えて、自分なりの調整をして
いくのが、結局はおいしいコーヒーへの近道になるのではないでしょう
か。

そして「これだ!」と思える味に出会うために、試行錯誤を繰り返すこ
とも、楽しいことかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る