フラットカッターの特徴と使い方のコツを覚えよう!

フラットカッターは業務用、家庭用の両方で普及している電動用のミルです。特に業務用としてはかなり普及しています。一番よく見かけるタイプかもしれません。

フラットカッターの歯は、セラミック製と金属性があります。金属製の歯は鋳造して丸みを帯びたタイプと鋭く切削加工したものがあります。歯の違いは、粉の形状や均一性(粒揃い)の違いにも影響します。

またフラットカッターというタイプには、歯が縦についてるものと横についてるものがあり、これも粉の形状や均一性に影響を与えています。

現在、フラットカッターは各社が多くの製品を作り、歯の材質や形の組み合わせなど非常にバリエーション豊か。そのため、各製品によって違いが大きくなります。仮に家庭用と業務用を比較した場合、もちろん業務用の方が高価で頑丈であり、粉砕速度も優れています。

多くの場面で業務用が優れているのですが、数多くの製品を見てきた中で家庭用も業務用も粉の均一性に関しては優劣はありません。それよりも歯の位置の方が影響が大きいと感じます。

歯が横に付いてるタイプは微粉が多くなりやすく、フラットカッターを語る際に丸みのある歯を臼タイプ、鋭い歯をカットタイプと分類します。臼タイプよりもカットタイプのほうが摩擦熱が少なく優れてると議論される事も多いですが、これは少々、行き過ぎた議論かもしれません。

たしかに歯の形状が変わる事で風味の印象が変わります。ただし多くの場合、これについては粉の均一性の違いではないかと思うのです。均一性が変わる事で粉の表面積が変わりますから、当然、粉から出る香りの豊かさや淹れたコーヒーの濃度も変わります。

ミルを比較する場合、粉の表面積を同じように揃えない限り、比較対象にしないほうが良いでしょう。目視で粉の大きさを揃える程度だと表面積は合いません。こういった状態で比較して風味の差を摩擦熱のせいだと言い切るのは甚だ疑問です。

十分間を超える連続粉砕でもしなければ摩擦熱の影響というのは、ほぼあり得ないと思います。なぜなら、粉の表面積を揃えてみると、淹れたコーヒーの特性は同等で香りの成分にもほとんど差が見られないためです。

関連記事

ページ上部へ戻る