ロールグラインダーの特徴と使い方のコツ

ロールグラインダーの特徴は、速く、均一に豆を粉砕できる点です。粉
砕時に発生しやすい摩擦熱も比較的少ないのが特徴。

短時間に大量の粉砕を必要とする工業用にも適したミルです。メーカー
によって歯の形状が変わったり、同じ重さの粉で体積なども変わります。

粉砕速度は速く、他のタイプのミルに比べても均一に挽く事が出来ると
いう良い特徴があります。しかしロールグラインダーでは、粉砕する過
程で豆とチャフが分離します。

チャフとは生豆を包んでいる薄い皮の事で、一部分は生豆の内部に食い
込んでいるため、粉砕するまで取り除けないというデメリットがありま
す。

機種によっては、このチャフを回収してチャフのない粉を製造できるタイ
プと分離したチャフを最後に粉に混ぜ込むタイプがあります。

チャフがあるかないかによって味に影響を与えるのか?といった議論がコ
ーヒー通の人々によってされる事があります。

大多数の見解としては、どちらのタイプも選んでもコーヒーの風味に大き
な影響は感じないというのが正直なところ。

理由としては、人や機械で風味を分析したところで、実際にチャフが有無
で差が出た事がないため。

チャフの成分は粉の成分と違いますが、量が少ないので、チャフがあって
も無くても味に影響を与えるほどでないという事だと思います。

速く、そして大量の粉砕にはとても適してるとされるロールグラインダー
ですが、使用する場合、注意点もあります。まず、長時間粉砕する場合は
細部の調整が必要です。

熱の発生が比較的少ないという利点はありますが、30分以上、連続で粉
砕するとロール間の距離が多少変わります。

次に、粉砕速度の管理の必要性です。豆を送り込む速度を上げていくと粉
の均一性、粒の揃い方が落ちます。

もし均一性を重視したい場合は、一般的にメーカー推奨速度とされる7割
~8割を上限とするほうが無難。

最近では、街で見かけるコーヒー専門店や挽き売り店でも業務用ミルとし
てロールグラインダーを導入する機会も増えてるようで、よく見かける事
があります。

理想的なミルですが、挽き売り店で長時間挽き続ける事はないでしょうし、
非常に価格も高価という欠点があります。

粉の均一性はやや劣りますが、フラットカッターでも充分だと感じます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る