こんなにある!コーヒー豆を挽くミルの種類

コーヒー豆を挽くミルの種類ってどれくらいあるのでしょうか?皆さん
は考えてみた事はありますでしょうか?今回はそのミルの種類について
紹介をしていきたいと思います。

現在のコーヒーミルに関しては非常に多くの製品があり、一杯分の豆を
手動でこまめに地道に挽くタイプや、一時間で一トン以上挽けるような
巨大な工場の設備のような物まで、実に多くの種類があります。

家庭用と業務用の大きな違いならほとんどの人が判断できますが、全体
としては、非常に多様化しているため、全部の違いが分からないという
人が多いのが実情。

ミルの特性はその構造でほぼ決まると言われています。ミルは粉砕部分
の構造と、ロールグラインダー、フラットカッター、コニカルカッター、
ブレードグラインダーの4種類に大きく分けられます。

ロールグラインダーは、対になって回転する表面が歯状のロールの間隔
を微調整して変える事で粉の大きさの変更を調整、変更が可能という他
の製品と違う特徴があります。

フラットカッター、コニカルカッターというタイプは、動く回転歯とい
う部分と固定してある固定歯という部分から主に構成されているタイプ
の事を一般的に言います。

フラットカッター、コニカルカッターは、ダイヤルもしくは調整ネジを
使って回転歯を動かして、歯と歯の間隔を変える事で粉の大きさを調整
できるような大きな特徴があります。

その他にも豆知識として歯の面についても触れれば、フラットカッター
の歯は平面状ですが、コニカルカッターの歯は円錐状になってるという
ちょっとした違いもあります。

ブレードグラインダーは金属製の丈夫な羽根を回転させる事で、その金
属の強い衝撃を利用して豆を粉砕するという特徴があります。

ブレードグラインダーには粉の大きさを調整する機能がないので粉砕す
る時間で大きさを決める事しかできないという欠点も覚えておくと役に
立つでしょう。

それぞれのミルの特徴については次項から詳しく説明します。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る