コーヒー豆を実際に挽く時のポイントは?

家庭でコーヒー豆を挽くときの一番のポイントとなる部分は、挽いたら
すぐ使う事。実際に器具を用意して、お湯が沸いてから挽き始めるのが
ベスト。

挽いた粉の大きさというのは、コーヒーの出方や濾過速度を大きく変え
るため実際に飲んだ時に風味まで変わってきます。ですから、どのよう
に挽くかという事がとても重要。

均一でいつもと変わらないように挽ける事が理想。ただ、これはあくま
でも理想であり、これには高精度の非常に高価なミルを使うか、挽いた
粉をふるいにかけるという作業が必要です。

もしも、家庭で挽く場合は、非常に細かい微粉をできるだけ作らない事
に注意すれば良いかと思われます。もちろん抽出原理の異なるエスプレ
ッソについては別問題となりますが・・・。

微粉を作らないようにする理由は、同じ重さの粉があった場合に細かく
なればなるほど表面積が大きくなるため、コーヒーの濃さに大きく影響
するため。

もうひとつの理由は、細かい粉ほど濾過が遅いので抽出時間が必要以上
に長くなるため。また細かい粉ほど余計な成分まで溶け出しやすくなる
傾向にあります。

飲んでみると気づくと思いますが、微粉を多く含んだコーヒーは味が重
くなりがち。微粉の発生する量はミルによって変わります。

普段通りに挽いて、それをふるいなどにかけて微粉をふるいに落として
みてください。微粉を取り除いて淹れたコーヒーの味が明らかに違う場
合は対策を考えましょう。

例えば、粉の大きさを調整できるタイプのミルもありますが、そういっ
た物の場合、少し粗めの設定で1度挽いてみると微粉の量は減ると思い
ます。

ただ全体的に粗くなるのでコーヒーの成分は出にくく、豆の量を増やす
必要性があります。粉の大きさを調整できないミルや、粉の大きさを調
整してるのに微粉の量を充分に減らせない場合は、ふるいなどを使って
取り除いてみましょう。

コーヒーを淹れるほうだけに意識が向かいがちですが、ミルの掃除のし
やすさも重要項目。ミルに微粉がたまるだけで、挽き方に影響が出ます。

また微粉は劣化しやすい性質のため異臭の元になりやすいようです。こ
のように、ミル次第では、手間暇などが大きく変わってくるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る