コーヒー豆を挽く理由と主な用途は何でしょうか?

私たちは普段コーヒー豆を挽いてから使います。その理由というのは、
多くの方がご存知のようにコーヒーの豆に含まれる成分を取り出しやす
くするため。

コーヒー豆を挽く事で豆の表面積は千倍近くに膨れあがり、それによっ
て、わずか数分間でコーヒーを淹れる事が可能となります。

「コーヒー豆をどの程度の大きさに挽くのか」という部分に関しては、
ミル(粉砕するための機器)に付いてるダイヤルの設定を変える事で簡単
に調整する事が可能。

挽き方にもいろいろあるのですが、まずよく聞く事の多い粗挽きという
のは、ざらめ糖以上の大きさのものを一般的には言います。中挽きとい
うのは、グラニュー糖程度の大きさ程度と考えると分かりやすいと思い
ます。

細挽きというのは、あまり一般的には聞きなれませんが、グラニュー糖
と白砂糖の中間くらいの大きさという表現が一番、的確で分かりやすい
かもしれません。

ここまで来ると一般の消費者にとっては聞くことはほとんどないと思い
ますが、中細挽きは中挽きと細挽きの間程度、極細挽きは細挽きより細
かいものになります。専門的な分野なので本業にしている人や通な人で
ないと分からないかもしれません。

粉の大きさというのは、抽出時の成分の出方や濾過速度にも関連します。
器具や抽出方法によっては適する粉の大きさが異なるのです。

では実際に、極細挽きというのは、どんな場合使われるのでしょうか。
分からないという人も多いかと思いますが、それは主に、皆さんにとっ
ても人気、知名度も共に高いご存知のエスプレッソ。

では細挽きというのは、どのような場面で利用されるのでしょうか?そ
れは簡易抽出タイプとも呼ばれる、コーヒーカップに引っ掛けて使う商
品に多いようです。このタイプは簡単で海外の人にも好評。

また中細挽きから中挽きというタイプは主にペーパードリップやサイフ
ォンに使われる事が多く、粗引きはフレンチプレスに使われる事が多い
ようです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る