澄んでいるコーヒーはおいしいコーヒーである証拠

コーヒーは澄んでいるイメージがあるもの。本来、コーヒーは液体が澄
んでいるものです。これが濁っていたりすると、そのコーヒーは何かし
らの不具合が生じている証拠。

まず考えられることはコーヒー豆自体に欠点がある場合です。虫食い豆
やカビの生えた豆が残ったまま焙煎すると、濁りの原因となります。き
ちんとハンドピック作業で、不具合のある豆が取り除かれたものを使用
しましょう。

また、古くなったコーヒー豆を使用した場合でも濁りが出てきます。す
っきりしたセピア色のコーヒーではなく、どろっとした色になってしま
い、味も香りも本来のコーヒーとは程遠くなってしまいます。

新鮮なコーヒー豆を使用して、正確な手順を踏んで淹れたコーヒーでも
保温プレートなどで保存すると濁ってしまう場合があります。これは単
純にコーヒーが煮詰まってしまい、コーヒー液が濃くなるからです。

コーヒーが冷えてくると、透明度が下がって濁りが出て、味も落ちてし
まいますが、コーヒーを淹れる際正確な手順で抽出すれば、たとえ冷え
ても澄んだままの状態で、おいしくコーヒーを飲む事ができます。

ちなみにアイスコーヒーを作るときに使用する豆は、深煎りの豆を使用
します。ホットで使用する中煎りの豆を使用して正確な手順を踏んだと
しても、深みのある澄んだコーヒーにはならないので注意してください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る