意外と簡単?直火式エスプレッソコーヒー

自宅で様々なコーヒーを楽しみたい、そういった需要が増えたことで、
近年では多種多様なコーヒーメーカーが店頭に並んでいます。ただ、エ
スプレッソコーヒーとなると話は別。エスプレッソマシン自体が高価で
あったり、安価でも専用のインスタントを使わなければいけなかったり
と、困った状況です。ましてや、エスプレッソ用のコーヒー粉を市販し
ている店舗が少ないのも、悩ましいところ・・・。

というわけで、今回は自宅で直火式エスプレッソを楽しむために必要な
器具や、淹れ方について綴りたいと思います。

1.直火式の器具を用意しよう。

必要な器具は直火式の抽出器。代表的な名称をあげると、モカエキスプ
レスや、マキネッタと呼ばれているもの。これには製造しているメーカ
ーによって形や大きさ等、様々なものがありますが、大体の構造は一緒
なので、作れる杯数に着目して選べば大丈夫でしょう。喫茶店などで出
てくるエスプレッソの様に泡を作ることは出来ませんが、味わいは十分
に楽しめます。

一般的な直火式抽出器の構造は、下部ポットと上部ポット、バスケット
で構成されています。バスケットにコーヒー粉を入れ、下部ポットにセ
ットした後、水(お湯)注ぎ、上部ポットを乗せるような形です。その
あと火にかけ、上部ポットにエスプレッソがサイフォンの要領で溜まり
出来上がります。

2.焙煎度合いが深く、極細挽きの豆を用意しよう。

一般的に焙煎度合いは8段階に分かれています。その中で、エスプレッ
ソに向いているのはイタリアンロースト~フレンチロースト。焙煎度合
いでいうと、7~8番目にあたります。そして、1番細かく挽きます。
ミルは種類によっては極細挽きが出来ないものがありますので、必ず極
細挽きが出来るものか確認してから選びましょう。

3.抽出準備をしよう。

エスプレッソ1杯分の粉の目安は大体6グラム前後。用意したメーカー
のバスケットにすりきるように詰め込みます(用意したメーカーの杯数
より少なく作るときは平らになるように詰め込みます)。そして下部ポ
ットに1杯分50mlの水を注ぐのですが、高温高圧で急速に抽出して
こそ、エスプレッソと呼べるものになるわけですから、あらかじめお湯
を沸かしておき注ぐのがお勧め。さて、下部ポットに水(お湯)を入れ
たら、コーヒー粉を入れたバスケットをセットし、その上に上部ポット
を固定しましょう。しっかり固定しないと、お湯が漏れ出すので注意。
そうしたら、次は火にかけていきます。

4.火にかけよう。

家庭用コンロのサイズですと、安定しないことも有り得るので、安定さ
せる為に網を用意しておくといいかもしれません。網をコンロの上に置
き、その上に直火式抽出器を乗せたら、火にかけていきます。火にかけ
てしばらくすると、沸いてくる音が聞こえ、蒸気が出てきます。この間
に、上部ポットに抽出されたエスプレッソが上がっていくので、無闇に
蓋をあけないようにしてください。しばらくすると渇いた音がするので
火を止め、カップに注げば完成です。注ぐ際は熱くなっているので注意
してくださいね。

器具と材料があれば、意外と簡単に出来てしまうエスプレッソ。皆さん
も是非、午後のひといきや、デスクワークの合間に楽しんでみてはいか
がでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る