スパイスやお酒を加えたちょい足しコーヒーはいかが?

コーヒーには、砂糖やクリームの他に、アクセントとしてスパイスを入
れることがあります。例をあげるなら、カプチーノにシナモンなど。当
然コーヒーの種類によって合うスパイスは違いますし、好みや文化など
よって様々な組み合わせがあります。

よくスパイスとして用いられるのは、シナモンや、カルダモン、クロー
ブ、ナツメグあたり。フルーツ系ですと、オレンジの皮やレモンの皮と
いった柑橘系のものが多用されています。また、ハーブコーヒーを楽し
む場合は、タイム、タラゴン、セージ、クミンなど。楽しみ方は無限大
です。

こうも沢山の組み合わせがあると、何から試したらいいのか解らないの
が本音でしょう。ですから、初めはオーソドックスなスパイスから試す
のが良いかと思います。シナモンコーヒーや、コーヒージンジャーなど
の比較的簡単に作れるものから試してみてはいかがでしょうか。また、
喫茶店などで注文できるフレーバーコーヒーを飲んで、気に入った組み
合わせがあれば、それを試すというのも有りかと思います。

また、コーヒーにはスパイスやハーブの他に、洋酒やリキュールなど、
アルコールを加えた飲み方もあります。例えば、深煎りコーヒーとブラ
ンデーを合わせたローマン・エスプレッソや、深煎りコーヒーとウィス
キーを合わせたアイリッシュ・コーヒーなど、これまた多種多様の合わ
せ方があります。

よく使われるのは、ブランデー、ウィスキー、ラム酒などの洋酒。他に
もテキーラ、ウォッカ、焼酎など・・・、コーヒーには蒸留酒が合わせ
やすいので、試すときは蒸留酒や、メジャーなカクテルレシピを見て作
るといいでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る