コーヒーを水で抽出することなんて出来るの?

コーヒーを抽出する、というと「お湯」を使うのが一般的ですが、実は
「水出しコーヒー」といわれる「水」で抽出する方法があるということ
をご存知でしょうか。

水出しコーヒーはお湯で抽出するよりも、時間がかかり、手間もかかる
のですが、その分メリットもあります。従来の抽出法だと豆によっては
欠点が目立ってしまう、なんてこともあるのですが、水出しで抽出する
と、その欠点を出さずに、美味しい成分だけ抽出できるという、いわゆ
る「良いとこ取り」な方法なのです。

水出しコーヒーには2種類の方法があります。

1.冷浸式…水にコーヒー粉を空気に触れないように浸け、一晩置き、
抽出後に濾過する方法

2.ダッチ式…専門器具を使い、コーヒー粉に水滴を流し続けるもの

上記、2つが一般的な水出しの方法になります。1つ目の方法は専門的
な器具も必要なく、誰でも簡単に行えるのですが、2つ目に比べると雑
味が出がちです。2つ目のダッチ式は、一般的にダッチコーヒーと呼ば
れるもので、「水出し=ダッチコーヒー」と思われるほど、ポピュラー
な方法なのですが、専門的な器具が必要になってしまいます。ただ、ど
ちらもやり方次第なところがあり、上手に抽出できれば、美味しさに変
わりはありませんので、自分にあった方法を選びましょう。

水で抽出することによって得られるメリットは、香りをコーヒーに封じ
込めることが出来、甘味や苦味などの良質な成分を引き出せることです。

一方で、デメリットもあります。まずは時間がかかってしまうこと、酸
味が引き出せないこと、豆の中に不良なものが交じっている場合、その
不快な成分も混じってしまうことです。ですから、通常の抽出方法で美
味しく淹れられる豆なら、水出しをする必要はないかと思います。

因みに水出しコーヒーに向いているのは、深煎りで細かく引いた豆。濃
い風味を閉じ込め、マイルドなコーヒーを抽出できます。逆に浅煎りの
豆ですと、味が変化しやすいので、長時間抽出には不向きといえます。

とはいえ、水出しの場合、多量に抽出することが多いでしょうから、は
じめは通常の粉を、通常の分量で試してみてください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る