コーヒーの歴史を追体験、アウトドアでコーヒーを楽しむ方法

コーヒーをアウトドアで楽しむには、どのような器具が適しているので
しょうか。野外に持っていくのなら、大量抽出布ドリップか、金属製メ
ッシュのドリッパーがいいでしょう。

布ドリップは、櫓を立てて布フィルターで抽出する一般的な方法で、よ
り滑らかな口当たりになると言われています。

金属製ドリッパーは、ヨーロッパでは以前から使われていましたが、日
本ではあまり馴染みがないかも知れません。こちらは使用後、洗剤も使
えるので洗い物がしやすいです。

もっと簡単なのが、大量抽出用の大型ペーパーフィルターを、金属製ネ
ットのドリッパーと共に使用する方法です。こちらはコーヒー粉をペー
パーフィルターと一緒に捨てられるため、洗い物もさらに簡単です。

もちろん、鍋でボイリングする一番お手頃な方法もあります。こちらは
コーヒーに粉が混ざってしまうので、飲みづらい人もいらっしゃると思
います。

しかし、せっかく自然の中でコーヒーを楽しむのですから、生豆を焙煎
するところから楽しんでみるのもいいでしょう。

まず、手網などで生豆を煎り、好みの頃合いで煎り止めして、団扇であ
おいで冷まします。

粉にするときも、ミルを使う方法もありますが、布袋に入れてハンマー
で叩いて粉にしてもいいでしょう。少々硬いですが、深煎りにしておけ
ば、簡単に砕けます。

砕いた豆は、ひと晩水に浸けて水出しコーヒーにする事もできますし、
また、すぐに熱湯で煮だしてボイリングコーヒーにする事もできます。

コーヒーが飲まれるようになった10世紀初頭のアラビアを追体験でき
るかもしれませんね。

そして、野外で一番作りやすいボイリングコーヒーが、トルココーヒー
です。鍋、コーヒー豆、水、砂糖があれば簡単にできます。

まず、豆は前述の方法で深煎りを用意して、ミルで二度挽いたぐらいの
細かい粉にしておきます。抽出するときは、鍋に水とコーヒー粉、砂糖
を入れて煮ます。砂糖の量はお好みで加減してください。

煮かたはとても簡単で、泡が出てくるのを見ながら、2回火にかけるだ
けです。

泡が上がってきたら、一度鍋を火からおろす。泡が消えたら、もう一度
火にかける。再度泡が上がってきたら、また鍋を火からおろす。これで
出来上がりです。

トルココーヒーはコーヒー粉が入ったままのコーヒーですから、飲み方
もとてもワイルドです。

砂糖やコーヒー粉をカップの底に沈殿させつつ、上澄み液だけをずずっ
とすすります。盛大な音を立てて美味しそうにすするのが、トルコ流の
飲み方だそうです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る