アイスコーヒーを手軽に美味しく淹れるコツ

まず、アイスコーヒーの普及は、1900年代の初め、アメリカで夏場
のコーヒー消費量を落とさない為に大々的に宣伝された事がきっかけの
ようです。

ちなみに日本では大正時代頃に飲まれるようになったようですが、大正
から今の今まで愛されてきたコーヒーは現在では夏場を中心に通年で広
く親しまれています。今では、お茶に代わってお客様にお出しするのも
コーヒーなんて事も普通にありますよね。

アイスコーヒーを淹れるときに気をつけなければならない事は、味覚の
温度特性でしょう。私たちが感じる味の強弱は、温度によって変わりま
す。甘味や苦味と言うのは味覚感度試験の結果だと、冷やすことで感じ
にくくなるようです。

それとは反対に、酸味はやや感じやすくなる傾向があるとの事。

このように酸味や苦みの感じ方は温度によって変わってくるので、アイ
スコーヒーにはホットコーヒーとは違う味づくりが必要になります。

ホットコーヒーよりも深煎りの豆を使ったり、独特な強い香りと苦味が
あるカネフォラ種(インスタントコーヒー、缶コーヒー、リキッドコー
ヒーに良く含まれる)の比率の多いブレンドを使ってみましょう。酸味
を減らして苦味を強める方法が一般的。

お湯で抽出する場合には、通常よりも濃いコーヒーを淹れ、それを氷の
上に直接落として急冷しつつ薄める方法が一般的。もちろん水出しにす
る事も出来ます。この方法は思ったよりも簡単なので、お勧めです。

この抽出方法の注意点は、あまり濃すぎないように、また薄め過ぎない
ようにということです。

このアイスコーヒーの利点は、風味が長持ちするという事です。温度が
低い分、冷蔵庫に入れておけば、数時間ほどおいしさを維持する事が出
来ます。今では市販の物も良く売られていますが、作ったものの方がや
はり風味も好みに合わせられるので良いと思います。

アイスコーヒーはアイスコーヒーの良さがあります。冷やすと苦味が感
じにくくなるのは納得。ご自宅でチャレンジしてみてはどうでしょうか。
夏場には冷蔵庫に入れておき、お客様にお出しするのも良いかもしれま
せん。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る