ペーパードリップの淹れ方はこの3つのポイントが肝心

ペーパードリップは、穴のあいた容器(ドリッパー)にペーパーをセッ
トし、挽いた粉を入れて上からお湯を注ぐ方法。

コーヒーの成分を溶かし出したお湯はペーパーで濾過され、ドリッパー
の穴から落ちていきます。使用後はペーパーごと抽出カスを捨てられる
ため、後片づけが簡単です。

この方法はポピュラーな割に、意外に複雑で難しく、安定したおいしさ
のコーヒーを淹れるのは慣れが必要でしょう。このペーパードリップを
難しくしているポイントはどこにあるのでしょうか。

ポイントの一つは、抽出と濾過が同時に進むため、コーヒーの味を変え
る要素の一つである抽出時間が決められない事。フレンチプレスやサイ
フォンと違って、ペーパードリップの場合はそそいだお湯がどんどんと
濾過されていきます。

ですから、注ぎ始めから注ぎ終わりまでの時間ではなく、お湯を何回に
分けて注いだかで抽出時間が変わる思ってよいでしょう。

二つ目のポイントは、粉の量や粉の大きさによって抽出時間が変わって
しまう事。例えば杯数を増やす時、フレンチプレスやサイフォンでは使
う粉の量と使うお湯の量をそれぞれ二倍、三倍と変えていくだけで同じ
コーヒーを淹れる事ができるでしょう。

しかし、ペーパードリップの場合これが出来ません。なぜなら粉の量が
増えると、同じようにお湯を注いだ時に抽出時間が長くなってしまうか
ら。ですから、杯数を増やす場合には、粉の比率を少しずつ減らしたり、
粉の大きさを荒めに換えたりする工夫が必要という事。

また、粉の量が同じでも、味を調節する為に粉の大きさを変えると、そ
れだけで抽出時間が変わってしまうため、粉の大きさは変えずにまずは
お湯の温度で調整した方がいいかもしれません。

三つ目のポイントは、使用するドリッパーによって抽出時間が変わって
しまう事です。ドリッパーのタイプによって濾過速度が違うのです、で
すからドリッパーのタイプの選択も味づくりの要素と言っても過言では
ないでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る