プロが淹れるようなエスプレッソを家庭で淹れる方法

最近は、家庭用のエスプレッソ抽出器が売られるようになってきました。

代表的なものとして、モカポットという器具が売られています。モカポ
ットの抽出方法は、密閉した容器中で沸騰したお湯を粉の層に通過させ
てコーヒーの成分を抽出しています。

モカポットはエスプレッソ用に細かく挽いた粉を使い、エスプレッソマ
シンで使用するようなフィルターに詰めて高温のお湯で淹れるので、こ
れで淹れたコーヒーも一般的にエスプレッソといわれています。

しかし、このエスプレッソ粉にかかる圧力は1.5気圧程度と非常に低
く、エスプレッソの抽出原理の高圧(9気圧)は働かず、どちらかとい
うとドリップに近い淹れ方になるでしょう。

ドリップですと、粉が細かすぎると重くなり、お湯の温度が高すぎても
味が重くなりますから、細かく挽いた粉に100℃を超えるお湯を接触
させるモカポットで淹れたコーヒーは、非常に普通よりも重くなりがち。

ミルクで割って飲むためのコーヒーと割り切って使ったほうがいいので
はないでしょうか。もしかしたら個人の好みもあるでしょうが、ドリッ
プコーヒーや、そのほかのコーヒーの方が好みの方もおられるかもしれ
ません。

最近では、家庭用の小型のエスプレッソマシンも増えてきました。まだ
まだ少ない数ですが、モカポットと同じように考えると市場に出回るの
は納得。

しかし、9気圧程度の圧力をかけられる機種については少なく、準備は
難しいですが準備出来るとある程度本格的なエスプレッソを楽しむ事が
出来るでしょう。

ただし、プロが使用しているマシンよりもボイラーが小さい為に、連続
して淹れる事は難しいでしょう。まだまだ家庭でエスプレッソを気軽に
作れるといった状況ではないようですが、これからはどんどん普及して
いくかもしれないですね。

ここでは家庭でエスプレッソを作る方法を紹介しましたが、やはりまだ
家庭内で簡単に飲めるようになるまではもう少しかかるかもしれません。

それでも、徐々に家庭でエスプレッソを楽しめるようになったら、楽し
いと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る