フレンチプレスの抽出の仕組みと淹れ方のコツ

フレンチプレス(別名コーヒープレス)は、円筒状の容器と、粉を分離
するための金属フィルター(軸のついたもの)から構成されています。

容器の中に挽いた粉をいれ、お湯を注ぎ、一定時間経ったところで金属
フィルターを押し込み、粉を容器の底部に分離させるとともに濾します。
器具の洗浄に少し手間がかかりますが、シンプルで難易度の低い方法で
す。

フレンチプレスは浸漬法の代表的な抽出器具です。浸漬法の特徴は、お
湯と粉の接触時間をきめやすく、変えやすい事でしょう。つまり、コー
ヒーの味を制御しやすいのです。なので、これから自分の味づくりに取
り組みたい人にお勧めの淹れ方です。

浸漬法での抽出は、フレンチプレスがなくても簡単にできます。例えば
マグカップなどに計量した粉を入れて、そこにお湯を注ぎます。ひと混
ぜして、時間がきたらペーパードリップ用のドリッパーとペーパーなど
を使って濾過したら出来上がり。

濾過しなくてもいいのですが、粉のざらつきが残る事や時間が経つにつ
れてコーヒーが濃くなります。

この時に粉の挽き具合、粉の使用量(メジャースプーンに何杯分か)、
お湯の温度(やかんで沸騰させて火を止めて何分後に注ぐか)、お湯の
量(いつも同じマグカップを使い、どこまで注ぐか決めておく)、お湯
を注いでから濾過するまでの時間を決めておけば、いつでも簡単に同じ
味を作れるでしょう。

また、味を変えたい場合も調節は簡単で、味を軽くしたい場合には、粉
を減らす、粗挽きにする、沸騰後火を止めてからお湯を注ぐ時間を長く
する(湯温をさげる)、お湯を注いでから濾過するまでの時間を短くす
る、のいずれかを選ぶといいでしょう。

逆に味を濃くしたい場合には、粉を増やす、粉を細かくする、お湯の温
度を上げる、時間を長くする、のいずれかを選ぶ事になります。

フレンチプレスは比較的簡単な方法です。自分の味づくりの先駆けとし
てチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る