ネルドリップの特徴と淹れ方、ちょっとしたコツ

ネルドリップとはペーパードリップが普及する前に一般的に行われてい
た方法で、ペーパーとドリッパーの代わりにネル(片側が起毛した布)
使用するドリップ方法。

抽出の原理はペーパードリップと同じですが、ペーパーよりも濾過が速
いという特徴があります。その為、一度に大量に淹れる場合には抽出に
時間がかかりすぎるような事が起こりにくく、大量抽出に向いているか
もしれません。

また、少量を淹れる場合には、お湯の注ぎ方によって味の違いが出やす
い為に、抽出の職人技を見せやすい方法でしょう。

ネルはペーパーフィルターほど目が細かくないので、ペーパードリップ
よりも色々な成分が抽出されやすくなります。たとえば、脂質はペーパ
ードリップの場合、パーパーに遮られるのでカップに出る事はないです
が、ネルドリップで淹れたコーヒーには脂質が含まれます。

好みの分かれるところではありますが、この、脂質のはいった独特のこ
ってり感がネルドリップの魅力でしょう。

昔から様々なネルドリップ論が展開されています。ネルの起毛した側を
内側にするとか、外側にするとか、生地の裁断はどのようにするのが良
いとか、どのように縫うべきかなどがあります。非常にマニアックなの
で、好きな人にはとても面白い世界かもしれません。これもまた、ネル
ドリップの魅力の一つでしょう。

ネルドリップではネルのメンテナンスが重要です。おろしたてのネルは
糊を落とすために一度煮沸する必要があるでしょう。また、使用後はネ
ルからコーヒーの抽出かすを取り除き、洗剤を使わずに水洗いした後、
乾燥させないように保存しなければなりません。

方法は濡れたままビニール袋に入れたり、水に浸しておいたりするのが
いいでしょう。これは、乾燥させてしまうと布に残ったコーヒーの成分
が変質して、使い物にならないくらい臭くなってしまうため。

ネルは使い込んでいくとだんだんと目詰まりしてきて、濾過が悪くなっ
ていきます。普段からコーヒーの落ち方には注意しておくと良いかもし
れません。

遅くなったら粉を荒く挽くか、粉を減らすかして調節すると丁度いいで
しょう。また、ネルの交換時期の目安はコーヒーの味が重くなってきた
らです。なお、起毛を内側にすると目詰まりが起こりやすい傾向がある
かもしれません。お好みに合わせて内側にするか、外側にするかを決め
るといいでしょう。

ネルドリップの世界はとても奥が深く、ネルドリップに関する情報は沢
山あるため、一度目を通してお好みの方法で楽しむのもいいかもしれま
せん。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る