ドリッパーによって出来上がるコーヒーの味は変わる

ペーパードリップのドリッパーにはいくつかのタイプがあります。穴が
一個のものや穴が三個のもの、穴のサイズが大きいものなどがあり、同
じようにお湯を注いでも濾過速度が変わります。濾過速度が変わると味
が変わってきます。

濾過が早ければ注いだお湯はすぐに落ちていきますので、抽出時間は短
くなります。逆に濾過が遅ければ注いだお湯はドリッパーの中に長く滞
留するので、抽出時間が長くなるでしょう。この抽出時間の差が、味の
違いとなって現れるのです。

濾過速度はドリッパーの穴の面積で変わり、面積が小さいものほど濾過
は遅くなります。このタイプのドリッパーでは、注いだお湯はドリッパ
ーの中で湯溜まりになって、そこから一定の速さで濾過されていき、抽
出が湯溜まりの中で起こる為にお湯の注ぎ方の違いが出来くく、比較的
安定したコーヒーが入れられるでしょう。最初は面積の小さいものを選
ぶのも良いかもしれません。

一方、穴の面積が大きくなってくると注ぎ方の影響が大きくなってきま
す。このタイプのドリッパーで湯溜まりが出来ない注ぎ方をした場合に
は、湯は注いだ場所を中心に抽出しながら濾過されていきます。

沢山注いだ場所は抽出されやすく、少ししか注がなかった場所はあまり
抽出されないでしょう。つまり、成分の抽出ムラが出来るのです。

昔から「ドリッパーの縁の近くにあまりお湯を注いではいけない」と言
われますが確かに納得。粉の層の厚い中心部と粉の層が薄い周辺部とに
同じようにお湯を注ぐと周辺部は抽出されすぎる事になってしまうので
す。

ドリッパーを選ぶ時は、材質にも注意が必要です。陶器製のドリッパー
の場合、一個一個形が微妙に違うのです。ドリッパー内部に刻んである
溝が浅くつぶれている物はお湯が落ちにくい事がありますので、購入の
際には確認した方がいいかもしれません。

また、ドリッパーとセットで使うペーパーにも注意が必要です。ペーパ
ーには、匂いの強いものがあり、そのにおいでコーヒーの香りを邪魔す
る事があるのです。ペーパーも選ぶ前にテストする事をお勧めしたいで
す。ペーパーをコップなどに入れて直接お湯をかけ、匂いを嗅いでみれ
ばすぐにわかるでしょう。

このようにドリッパー選びは味を選ぶ事に繋がるかもしれません。しっ
かりと確認して自分に合った物を選ぶ事が出来ればお好みのコーヒーを
淹れる事が出来るでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る