サイフォンの抽出の仕組みと淹れ方のコツ

サイフォンでは、フラスコ内の気体の過熱膨張によって押し上げられた
お湯がロート内の粉に触れる事によって成分の抽出が始まります。抽出
を終わらせる時にはまず、火を止めます。

火を止めると、膨張した水蒸気が収縮するためにロート内のコーヒーが
フラスコに引っ張り込まれます。抽出カスはロートの底にセットされた
フィルターによってせき止められます。

サイフォンは比較的に味の安定度の高い方法と言えるでしょう。粉の大
きさと粉の量を一定にしておけば、お湯の量と抽出時間(粉とお湯が接
触している時間の事)に気をつけるだけで十分。

使用する湯量はフラスコの水位で決められるでしょう。

抽出時間の調節についても火を止めるタイミングだけの問題ですから、
安定度が高いというのは納得。気をつける点が少ない分、よりシンプル
で味を安定させやすい方法ですが、原料を選ぶ抽出方法と言えるでしょ
う。出来ればサイフォンに合った良い原料を選びたい所です。

サイフォンは過熱して水蒸気を膨張させる事によって、お湯を押し上げ
て抽出するので、お湯の温度はおのずと常に高温になります。お湯の温
度が高いと苦みが出やすくなる傾向があるので、苦みのきいた熱々のコ
ーヒーになりがち。

粉の大きさ、粉の量、抽出時間などを変えてもうまく抽出できない原料
を選んでしまうと、どう頑張っても美味しいコーヒーは淹れられないと
いう事になるかもしれません。ですから、やはり原料選びは大切です。

サイフォンには他の抽出器具にはない魅力があります。それは、視覚的
な効果です。器具の形もユニークですが、火を止めた後コーヒーが一瞬
で濾過されていく様子は何度見ても飽きないです。最近では熱源として
ハロゲンランプが使われる物も増えており、光による演出効果は抜群で
しょう。これもコーヒーの美味しさの一つだと言えます。

サイフォンの安定性はとても魅力的です。外観的良さもあるのでサイフ
ォンで見て楽しみ、淹れて楽しみ、飲んで楽しんでいきましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る