コーヒーメーカーの上手な使い方!ちょっとしたコツをご紹介

家庭でコーヒーを淹れる場合、コーヒーメーカーを使用する事が多いと
思います。値段も高くありませんし、簡単に使えるので便利で、抽出の
原理はドリップコーヒーと同じです。

色々な機種を使って比べてみたのですが、どうしても機械によってはお
湯の粉への負担がかかり方が安定せず、出来たコーヒーの濃さは淹れる
たびにばらつきがあります。それも注意してれば気づくくらいにです。

ですから、出来る事ならば購入前にお試しで使ってみる方がいいでしょ
う。しかし現実的にそれはなかなか出来ない事の方が多いのも事実。そ
の場合はインターネット等で情報を集めるという手もあります。

コーヒーメーカーは抽出時のお湯の温度が高めになる傾向があります。
お湯の温度や注ぎ方を制御する事はできませんから、味の調整は原料と
して使用する粉の量や挽き具合だけで行う事になるのです。味が重いと
感じられる場合には、少し煎りの浅いものに変えてみたりするといいと
思います。納得のいくように自分好みで合わせていきましょう。

コーヒーメーカーには保温機能がついているのですが、その保温機能は
使わないでおきましょう。コーヒーには変化しやすい味や香りの成分が
沢山含まれています。それらの変化は温度を高く保つことで促進。

十分間も保温すれば、酸味や苦みの変化、香りの質の変化が起こった事
に気づくでしょう。最近は加温ではなく、魔法瓶で保温するタイプも増
えています。淹れたてを飲むに越したことはありませんが、保温が必要
な場合は、より熱の負荷が少ない魔法瓶タイプを選ぶといいかもしれま
せん。

コーヒーメーカーはとても実用的で早いものですが、あまりお勧めはし
たくない所。お湯を沸かすことが出来て、電動のミルがあれば、コーヒ
ーを淹れる為にとられる時間はせいぜい数分程度です。

このコーヒーの風味を作る最後の数分間を機械に任せてしまうのは勿体
ないかもしれません。その数分間が与えてくれるコーヒーの楽しみはと
ても大きい事も忘れてはなりません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る