コーヒーの表面に浮いている油ってなに?

コーヒーを淹れたとき、表面に油が浮いている場合があります。これは
コーヒー豆に含まれる油脂分です。もともとコーヒー豆に含まれている
ため、購入したての新鮮なコーヒー豆でも見られる現象です。

特に深煎りになればなるほど多く表面に浮き出てきます。当然、飲んで
も問題ありませんが、とりわけ古いコーヒー豆ほど抽出後もお湯に溶け
込まずに、油が分離し表面に浮いてくる傾向にあります。

これを防止する方法はありませんが、新鮮なコーヒー豆を使用する事で
程度を抑える事ができます。コーヒーは焙煎後から酸化が始まり、鮮度
は低下してきますので、生鮮食品のような扱いを心がけましょう。

カップラーメンでも同じように油の酸化が起こり、健康に悪影響を及ぼ
すといった事が数年前報じられた事がありました。そのため、ノンフラ
イ麺やノンオイル麺が登場し、今ではそれが主流となっています。

カップラーメンでは油を使わなければ良かったのですが、コーヒーの場
合はそうはいきません。コーヒー豆の油は取り除く事ができないからで
す。まずはコーヒー豆を酸化=腐らせないようにする事が重要です。

冷蔵庫にコーヒー豆を保存するのも酸化を遅らせるには有効な方法の一
つです。ですが、酸化が止まるわけではないので3週間以内には飲みき
るようにしましょう。常温保管よりは多少おいしさを継続できます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る