買ったばかりのコーヒー豆に油が浮いている!?

買ったばかりのコーヒー豆に油が浮いてると、これは大丈夫なの!?古
いものなの!?と思うことがあると思いますが、この油はコーヒー豆自
体の脂質で焙煎する時に出てきますので、何の問題もありません。

そもそも、油という面だけで一概にこのコーヒー豆は古いとも新しいと
も言えません。なぜなら、その要因は焙煎度合によるものだから。

シティ・ロースト以上、つまり、8段階中の5段階以上の焙煎度合では
油が出ます。このくらいの焙煎度合ですと、焙煎直後から油が出始めま
す。深煎りであればあるほど、焙煎直後には既に油が出てテッカテカに
なります。

ですから、買った物が浅煎りであれば、コーヒー豆にあまり油が浮かな
いはすです。もし、浅煎りで日が経っていないにも関わらず、油が浮い
てきた場合は、焙煎する時の熱のバラつきや豆のサイズのバラつきが原
因で、色が浅いにも関わらず、深煎り豆のように油が出てきてしまって
いる可能性があります。

そして、油が浮かないものは浅煎りだけではありません。「オールドク
ロップ」や二回焙煎しているもの、成分が抜けてしまっている古い豆も
油が少ないので、油が出ていると古い、もしくは新しいということでも
ありません。

そういう例があるので、本当に古くなって酸化してしまった油が浮いて
いるコーヒー豆の判断はなんとも難しいもの。新しいのか古いのかは飲
んでみるか、抽出時に粉が膨らむかなどで判断するしかありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る