缶詰のコーヒー豆の賞味期限が1年近い理由

缶詰は、コーヒー豆に限らず賞味期限が長いことが多いですが、コーヒ
ー豆の缶詰も然りです。

なぜなら、缶詰は空気を完全に遮断しているので、酸化を防ぐことが出
来るので長期間の保存が可能になっているのです。更に常温での保存も
可能。

しかし、やはりコーヒー豆の缶詰に100点を求めるのは無理がありま
す。缶詰はあくまでも流通上の形態であり、缶詰コーヒーを家庭で使う
場合は小さい缶を選ぶと良いでしょう。

大きな缶を開けてしまうと、そのまま使い切れれば良いですが、使い切
れない場合、残りのコーヒー豆を冷凍や冷蔵で保存しないといけないか
らです。

そして、缶詰の楽しみは中身だけではなく、缶のデザインにもあります。

勿論、缶詰の中のコーヒーを飲み終わった後に、保存用の缶として使え
ます。ヨーロッパのコーヒーの缶は凄く可愛いのでインテリアとしても
使えます。

しかし、注意して欲しいことがあります。

それは、焙煎したての豆をいれる際です。焙煎したばかり豆は炭酸ガス
が出るので、豆を入れ完全に缶の蓋をしめてしまうと、ガスがこもり、
『開けた途端豆が散乱』ということも起きるかもしれません。

その時には、コーヒー専用の「鮮度保持剤」という脱酸素剤を入れてガ
スを抑えた方が良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る